ひざ下に傷を作ってしまった場合、ひざ下脱毛は可能?

全身脱毛エステ口コミランキング

肌に傷ができてしまった場合は、脱毛施術が受けられなくなることがあります。ここでは、肌に傷をつくってしまった場合に脱毛はどうなるのかについて「ひざ下」を例に説明しています。参考にしてください。

 

注意していても、ちょっとした怪我をしてしまったり傷をつくってしまったりすることって、ありますよね。特に「ひざ下」は、気付かないうちに擦り傷や青アザができていた・・・ということが起こりやすい場所です。

 

夕方脚を見て、朝にはなかったアザを見つけ「あれっ! いつどこに脚をぶつけたのかしら?」と、驚いた経験がある人も少なくないかと思われます。また、虫に刺されたところをついつい引っ掻いて傷をつくってしまったことがある、という方も多いはず。そうしたとき、脱毛は続けられるのでしょうか?

 

サロンはどのように対処してくれるか

 

サロンによって対応は様々なので一概には言えませんが、アザや傷部分が小さな場合は、そこを避けながら脱毛処置を進めていく、というのが一般的です。しかし、万一傷の範囲が広い、また痛みがある、といった場合には、サロン側から「今の状態では脱毛できません」と脱毛施術を断られてしまう可能性が高くなってしまうようです。

 

いずれにせよ、傷ができてしまったら、まずはサロンに相談しましょう。

 

なお、傷などによりスケジュール通りに通えなくなった場合、すべきことがあります。それは「再予約」や「保障」などについての確認です。不安な方は、傷の有無に関わらず前もってサロンに質問しておくといいでしょう(サロン側の対応から、そのサロンの信頼度を見極めることもできますよ)。

 

サロンによっては予約が非常にとりにくく、再予約が難しいところもあります。あらかじめ再予約・キャンセル待ちのシステムについて確かめておくといいですね。また、再予約がなかなか取れなかったり傷の治りが遅かったりしてサロンに通えない間に保証期間が過ぎてしまった、ということが起こったとします。そうした場合、保証期間の延長に対応してくれるかどうか、あらかじめ確認しておくと安心です。

 

傷の完治までに時間がかかる場合には、脱毛を一定期間にわたってお休みする必要がでてくるかもしれません。その場合は、「契約延長」よりも「一時的に休会」した方が、コスト面などからみてメリットが高いと思われます(ただし休会手続きは、契約期間中の妊娠を対象としている場合が多く、傷にもこの処置が適応できるかどうかは定かではありません)。「休会」についても、サロンの方針を前もってチェックしておくといいですね。

 

以上のポイントをおさえつつ、傷などができてしまった場合には、まずサロンに相談してみてください。きちんとしたサロンであれば、何らかの対処法を考え提案してくれるはずです。

 

*契約を結ぶ段階で、すでに肌に目立った傷やアザがある場合は、カウンセリングの際に傷やアザについて必ず相談するようにしてください。契約してから傷について相談し、「この状態では脱毛できません」と言われては悲しいですものね。前もって確認するようにしましょう。

脱毛エステを選ぼう
激安価格で全身脱毛するなら脱毛ラボがおすすめ!予約も比較的取りやすく、安心保証なども充実。脱毛サロン選びに迷ってら脱毛ラボの無料カウンセリングに相談しよう。

星
【期間限定キャンペーン】

詳細


月額支払プランなどお財布に優しいサービス充実の銀座カラー。赤ちゃん肌脱毛で肌に優しく高保湿効果があり、つるぷるのお肌に。

詳細
銀座カラー 脱毛キャンペーン

詳細

ワキやVラインなど部分脱毛に強い印象のミュゼプラチナム。なんと全身脱毛が半額のキャンペーンを開始。しっかり脱毛したい方にもおすすめのサロンです。

詳細
ミュゼプラチナム

詳細

傷がある場合の脱毛エステは受けられる?/全身脱毛エステ口コミランキング関連ページ

ひざ下脱毛のシーズン
ひざ下脱毛の範囲
肌の弱い方のひざ下脱毛
ひざ下脱毛する日の服装
ひざ下脱毛中の注意点

このページの先頭へ戻る