ひざ下を脱毛する日の洋服

全身脱毛エステ口コミランキング

ひざ下脱毛に出かけるときは、どのような洋服で行く予定でしょうか。できれば、ひざ下をすっぽり覆ってゆったりと隠すことができるパンツルックがおすすめです。どうしてそれがよいと言えるのか理由は簡単です。

 

ひざ下脱毛の施術の際、ひざ下を簡単に出すことができるからです。脱毛の種類にもよるのですが、ひざ下だけの脱毛ならば、着替えはしなくてよいサロンがほとんどで、パンツの裾をまくればいいので、大変楽です。しかし、自分の洋服からサロンで用意されているバスローブなどに着替えたほうが落ち着くのであればそうしてもかまいません。着替える際も、ゆったりした洋服であれば着替えに時間を取らずスムーズに準備ができます。

 

それと、ひざ下の脱毛直後は肌が普段より敏感になっていますから、外部から刺激を受けやすい状態になります。パンツの生地は、柔らかいものを選んだ方が脱毛直後の肌に優しく負担をかけません。

 

ひざ下脱毛をする日の季節も考えて服を選ぶ

ひざ下脱毛はたった1回の施術で終わることはありません。何度か繰り返し施術することで確かな効果が得られるため、次の季節に移り変わることになります。季節が変わるということについて気をつけたいことがあります。

 

春夏は紫外線対策が必要

季節が春から夏に移り変わるころは、外は紫外線がどんどん強くなっています。紫外線予防は夏だけする人もいますが、本当は春でもかなり注意しなければならないということを知っておいてください。ひざ下なんだからあまり日焼けの心配はないと考えがちですが、実際は道路のアスファルトなどの地面からの照り返しは非常に紫外線を多く含んでいて、日焼けの原因になりやすいといえます。

 

それと、薄手の洋服を着用していると、無防備な状態でいるのと同じで紫外線をそのまま通して日焼けします。ですから、ひざ下をしっかり隠しているつもりでも、紫外線を浴びてしまっている可能性があるのです。脱毛の前や、終わった後に日焼けするのはよくないことです。脱毛の日は紫外線よけに心がけ、UV加工の施された素材の洋服を選んだり、日焼け止めを塗って紫外線をできる限り防いでください

 

秋冬は乾燥しやすいので対策を

秋から冬の寒さに向かう季節では乾燥対策が必要となります。空気は乾燥し、洋服を重ね着して動くことで静電気が発生します。たまにパチッとくる程度なら気にならないかもしれませんが、静電気は決して肌に良いものではありません。静電気には多い時で1万ボルトという高い帯電率があるということを知らない人がほとんどでしょう。この電気がひざ下に当たると強い刺激によって肌を傷めることになります。

 

ですから、ひざ下脱毛直前には静電気を遠ざけておきたいものです。静電気を起こさないようにする洋服の素材は帯電率の低いものを組み合わせるのがいいでしょう。プラスの電気を帯びやすい素材にマイナスの電気を帯びやすい素材を組み合わせるといった具合です。わかりやすく言えば、ウールとアクリルといったプラスとマイナスの組み合わせです。しかし、これも素材の種類を全部頭に入れるのは大変ですし、服の素材をその都度調べるのも面倒です。

 

そこで、静電気をうまく逃がす対策をすることが大切です。これはほんの短時間に有効な対策ですが、手を水で洗うことで体内の静電気を一時的に放出することができます。肌が乾燥しているときは静電気が起きやすい状態ですので、意識的に保湿することで静電気対策になります。乾燥対策に、化粧水を入れた携帯用のスプレーボトルを持ち歩き服や肌に吹きかけるとバチッとくる回数がずいぶん少なくなるのが実感できます。

 

季節に合わせた洋服選びや対策が大切なことはおわかりいただけたでしょうか。ひざ下脱毛の時期はもちろん、普段にも肌を傷めないようにするために役立てていただきたいことです。

脱毛エステを選ぼう
激安価格で全身脱毛するなら脱毛ラボがおすすめ!予約も比較的取りやすく、安心保証なども充実。脱毛サロン選びに迷ってら脱毛ラボの無料カウンセリングに相談しよう。

星
【期間限定キャンペーン】

詳細


月額支払プランなどお財布に優しいサービス充実の銀座カラー。赤ちゃん肌脱毛で肌に優しく高保湿効果があり、つるぷるのお肌に。

詳細
銀座カラー 脱毛キャンペーン

詳細

ワキやVラインなど部分脱毛に強い印象のミュゼプラチナム。なんと全身脱毛が半額のキャンペーンを開始。しっかり脱毛したい方にもおすすめのサロンです。

詳細
ミュゼプラチナム

詳細

ひざ下を脱毛する日の服装/全身脱毛エステ口コミランキング関連ページ

ひざ下脱毛のシーズン
ひざ下脱毛の範囲
肌の弱い方のひざ下脱毛
傷がある場合の脱毛エステ
ひざ下脱毛中の注意点

このページの先頭へ戻る