脱毛中は日焼けに注意しましょう

全身脱毛エステ口コミランキング

サロンで脱毛するにあたっては、肌の保湿をはじめ注意すべきことがいくつかあります。その一つが「日焼け」!けっこう忘れられがちなのですが、脱毛中は日焼け対策が必須です。しっかりケアしましょう。

 

というのも、日焼けをしてしまうと脱毛に支障をきたすことがあるためです。いま脱毛エステサロンでは、主に、光(ムダ毛の黒い色に反応する)の照射によって毛根にダメージを与える「フラッシュ脱毛」という方法がとられています。

 

よって、肌の色とムダ毛の色の差がハッキリしているほど施術の効果が出やすく、逆に日焼けによって肌とムダ毛の色の差が小さくなってしまうと効果が出にくくなり、場合によっては(肌とムダ毛の識別が難しくなることで)ヤケドなど肌トラブルにつながる危険さえあるのです。よって、脱毛に取り組んでいるときは、日焼け対策を怠らないようにしましょう。

 

また、潤いを保っている肌ほど、脱毛の効果が高く施術による痛みも感じにくいとされています。日焼けをすると、肌は基本的に乾燥ぎみになり、かつ敏感な状態になってしまうため、やはり日焼けは避けたいですね。

 

日焼け対策というと、「顔は焼けないように注意しているけれど、それ以外の部分は特に何もしていない」という方が少なくありません。ついついボティの日焼け対策は疎かにしてしまいがちですが、先述のとおり脱毛中の日焼けはオススメできません。頑張って、ケアしていきましょう。

 

ワキに続いて人気の脱毛箇所といえば「ひざ下」!

みなさんのなかにも、ひざ下脱毛を考えていらっしゃる方がいるかと思われます。春・夏は肌の露出が多くなり、ミニスカートなど“肌みせファッション”を楽しみたくなる季節。でも、ひざ下脱毛を考えているならば、ひざ下の日焼けに気をつけて!

 

せっかく脱毛しようと思っても、うっかり日焼けしすぎてしまうと、サロンによっては「当店では施術不可能です」と、施術を断られる場合もあります。くれぐれも日焼け対策には気を配るようにしましょう。

 

ひざ下の日焼け防止には、やはり日焼け止めが欠かせません。ただ、日焼け止めはしっかり塗ったつもりでも、汗や摩擦で取れてしまいます。よって、小まめに塗りなおしましょう。

 

また、日焼けは、なにも屋外にいるときだけの話ではありません。紫外線は、部屋の中にも入ってきてしまいます。ですから、自宅や職場にいるときも、室内だからと安心せず日焼け止めを忘れずに!

 

なお紫外線は、洋服でカバーしていても、服の素材・色によっては肌に届いてしまうことがあるため、UVカット加工が施された素材の服を選ぶなどすると、さらにいいでしょう。

 

ひざ下は、脱毛の人気部位のひとつ! ひざ下脱毛を計画されている方も少なくないかと思われます。そうした方は、ぜひ、ひざ下の日焼けに注意して、なおかつ保湿ケア(化粧水など)で肌の状態を整えて下さい。

 

エステサロンで効率よくスムーズに脱毛するためには、日ごろの注意が大切!脱毛中は特に、日焼け対策と日々のケアを怠らないようにしてくださいね。

 

脱毛期間中の自己ケアについて

全身脱毛エステ口コミランキング

みなさんは、ひざ下の無駄毛の処理をどのように行っているでしょうか。顔などと違ってそれほど気を使うこともなく、気軽に電気シェーバーを使う人やカミソリで処理するなど、人によって様々な方法で行っていることでしょう。
剃るとすぐに伸びてくるからといって、時間をかけて抜いている人もいるでしょうか。脱毛エステサロンでは、施術前と施術期間中は自分で毛抜きを使ったケアを禁止しています。というのは、毛抜きの使用によっていろいろなマイナスポイントがあるからです。

 

マイナスポイントとしては、毛穴の負担を大きくすることで、毛穴部分に毛膿炎という炎症が起きる可能性があります。それと、毛穴の中で毛が切れてしまい、皮膚の下で成長する埋没毛になる恐れがあります。
埋没毛の処理は、肌表面を薄く削り、無駄毛をまず肌の表面に出すという作業を行わなければなりません。
毛抜きの使用は脱毛を効果的に行うことの妨げになってしまうのです。ですから、今日までひざ下の無駄毛に、毛抜きを使用して来られた方は今すぐやめて肌に比較的やさしい電気シェーバーを使用するなどに切り替えましょう。埋没毛が見つかって心配している方はエステサロンに相談してみるといいでしょう。

 

 

ひざ下脱毛期間中に毛抜きを使用してしまった時

脱毛中はもちろん、普段でも毛抜きを使ってひざ下の無駄毛ケアをすることはよくないことです。サロンではカウンセリングの説明で、毛抜きの使用を禁止するということをお話しするのですが、いつもの習慣で毛抜きを使ってしまう人も少なからずいるようですので、その時のために毛抜き使用時の対処方を記しておくとしましょう。

 

無駄毛は毛抜きで抜くと毛穴が開いたままの状態になります。目では見えませんが、毛がつながっていた毛細血管を毛抜きで無理やり切っているため、その部分から感染症が引き起こされるかもしれないのです。
毛穴部分から出血していたら、感染症になりやすいので要注意です。これを防止するためには家庭の薬箱にある、消毒液などで、毛穴の部分をそっと消毒してください。毛穴の部分が赤くなっていたら、冷たいタオルを当てて冷やし、刺激の少ない化粧水などで保湿するようにしましょう。

 

時間がたって毛穴部分が赤く腫れる状態になったら、毛膿炎を起こしているかもしれませんので、なるべく早く手当てする必要があります。その状態で放っておくと化膿して痛くなり、色素沈着を起こすこともありますので早めに病院へ行きましょう。

 

毛抜きを使ってしまったらひざ下脱毛が受けらないのではないかと心配になりますが、毛抜きを使った部位がほんの一部であればその部位に触れないようにして脱毛マシンをあてることは可能ですが、そこの範囲だけは1回分脱毛を受けないで終わることになります。

 

正しく安全に脱毛を終わらせるために、小さなことでもサロンに相談をしながら進めるようにしてください。

 

 

妊婦さんのひざ下脱毛エステについて

全身脱毛エステ口コミランキング

脱毛に行きたいという気持ちは分かりますが脱毛を行うことによって胎児に影響がでる場合があります。脱毛自体は安全なものでして胎児に影響を及ぼすようなものではありません。
ではなぜ妊娠中に脱毛を行ってはいけないのでしょうか?その理由は妊娠によるホルモンバランスの変化があるからなのです。女性は妊娠をすると体内のホルモンバランスが大きく変化します。妊娠中は生理が来ないのですが、それもホルモンバランスの変化が影響しています。なのでこの時期に脱毛を受けたとしてもちゃんとした効果がでないことがあります

 

妊娠することによって体毛が濃くなったという方はいませんか?

実はこれも体内のホルモンバランスが変化したことによって起こるものなのです。ホルモンバランスというのはそれだけ体毛に大きな影響を及ぼすものなのですね。ただ脱毛を受けることによってお肌自体には負担はかからないので金銭的に余裕がある方は脱毛を受けてもかまいませんよ。

 

脱毛は定期的に通うことになるのでエステサロンに通っている最中に妊娠が発覚する場合もあるでしょう。そんなときはエステサロンに直接連絡を入れて出産後ホルモンバランスが安定してから脱毛を再開することも可能です。生理が再開し生理周期が整った後ならまた脱毛を行うことができますよ。しかしお手入れの回数があらかじめ決まっているエステサロンもあります。ですので残りの回数をしっかり頭に入れてエステに行きましょう。

 

ほかにも期間が定められている脱毛の場合は妊娠中に期限が切れてしまうこともあります。今後妊娠の予定があるという方は無期限のエステサロンを選ぶといいでしょう。そしてできることなら出産を終えてから脱毛を行うようにしたほうがいいですね。

脱毛エステを選ぼう
激安価格で全身脱毛するなら脱毛ラボがおすすめ!予約も比較的取りやすく、安心保証なども充実。脱毛サロン選びに迷ってら脱毛ラボの無料カウンセリングに相談しよう。

星
【期間限定キャンペーン】

詳細


月額支払プランなどお財布に優しいサービス充実の銀座カラー。赤ちゃん肌脱毛で肌に優しく高保湿効果があり、つるぷるのお肌に。

詳細
銀座カラー 脱毛キャンペーン

詳細

ワキやVラインなど部分脱毛に強い印象のミュゼプラチナム。なんと全身脱毛が半額のキャンペーンを開始。しっかり脱毛したい方にもおすすめのサロンです。

詳細
ミュゼプラチナム

詳細


このページの先頭へ戻る